口腔外科医による顎関節症|稲城駅3分/夜8時までの歯医者「稲城ふじせ歯科クリニック」祝日も診療

042-378-8244

土曜・祝日も診療

駐車場完備

〒206-0802 東京都稲城市東長沼3111-1 T’sgarden稲城1F

メイン画像

顎関節症の専門家「日本口腔外科学会認定医」在籍

顎関節症で悩まれている方は多くいらっしゃいます。

しかし、どこで治療したらいいのか、
そして、そもそも何が原因なのかが分からず、
病院を転々とされている方がいます。

当院では顎関節症の専門家である、
日本口腔学会認定医が在籍しておりますので、
まずはご相談ください。

専門的な見地から原因と改善策をご提案いたします。

口腔外科の「専門家」が顎関節症の治療を担当いたします

院長

顎関節症の治療は、「口腔外科」の領域になります。
虫歯治療などと異なり、非常に専門性を有する治療となりますので、しっかりと専門教育を受けたドクターにまずは診断してもらうことが大切になります。

当院では、口腔外科治療の上位資格である「日本口腔外科学会認定医」があなたの治療を担当いたします。専門家ならではの多角的、かつ、精度の高い診断、そして治療が可能になっております。

分析

まずは、顎関節症の可能性をチェックしてみましょう

顎関節症の症状はほぼ決まっています。
参考までに下記のチェックテストを行ってみてください。
下記に当てはまる人は、顎関節症の可能性が高く、歯科医院での検査をお薦めします。

  • 嚙み合わせセルフチェックシートの質問のうち回答肢であてはまるものにチェックしてください。
  • ほとんどない=0点少しある=3点ある=5点と計算し、合計を出します。
  • 合計が小さいほど良好な噛み合わせを示します。

嚙み合わせセルフチェック

咬合スコアの合計により3つのグループに分かれます。

0~5点
噛み合わせに大きな問題が認められない
6~8点
噛み合わせに問題がある可能性が考えられ、歯科医師による診査が必要と考えられる
9点以上
噛み合わせに大きな問題があると考えられ、歯科医師による診査を強く勧める

下記の質問のうち回答肢であてはまるものにチェックを付け、「点数をチェックする」ボタンを押してください。

最近1ヶ月についておたずねします
  ほとんどない 少しある ある

1噛み合わせの位置が定まらないと感じたことはありますか?

2口が思うように開かなかったり、顎がスムーズに動かないことがありますか?

3噛み合わせの高さに不満を感じたことがありますか?

4自分の歯並びが気になることがありますか?

5歯ぎしりや歯を強く噛みしめる癖がありますか?

6左右どちらか一方で噛むくせがありますか?

あなたの咬合スコアの合計は点です。

今のところ、噛み合わせにとくに問題ないようです。ただし、健康な噛み合わせを保つために、歯科医師による定期的な検査をお勧めします。
噛み合わせに問題がある可能性があります。
歯科医院を受診されることをお勧めします。
噛み合わせに大きな問題が考えられます。
一日でも早く歯科医院を受診されることをお勧めします。

このチェック表で、すべての噛み合わせの異常が発見できるわけではありません。また、チェック表で9点以上になった場合でも、必ずしも治療が必要とは限りません。 治療の内容などは一人ひとり異なります。これらの項目以外でも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。噛み合わせだけでなく、健康なお口を維持するために、定期的に歯科医院を受診しましょう。

顎関節症の原因

顎関節症は「噛み合わせの不調和」も原因の一つとなる可能性があります。
口を閉じたとき上下の歯がかみ合うのは大前提ですが、歯をすり合わせた時に問題があることが多いです。(人間は、物を食べる時、顎を前後左右に動かします。歯をすり合わせることで肉も野菜も食べることが出来るのです。)

普通に口を閉じた時は問題がなかったのに、歯をすり合わせた際、歯が引っ掛かる部分があると、引っかかりが原因で顎の関節の中にある軟骨(関節の中の座布団)がずれることがあります。その結果、上記の症状が生じることがあります。

顎関節症の治療

治療法には4通りあり、それらを組み合わせることもあります。

  • 噛み合せの調整(すり合わせた時に引っかかりのあるところを調整)
  • スプリント療法(専用のマウスピースをはめて顎の負担を軽減します)
  • かぶせ物の治療(噛み合わせの調整では対応できない時、かぶせ物を調整します)
  • 歯列矯正(全体的な噛み合わせのバランスが悪い時に行うことがあります)

顎関節症は「歯並びや噛み合せの悪さ」・「生活習慣」・「ストレス」・「姿勢の悪さ」など様々な要因により、顎を中心として関節や筋肉や靭帯などの周囲組織が不調和を起こして生じます。これらいくつかの要因が合わさっているケースがとても多いです。
顎関節症を治すには、まず思い当たる部分から解決していく必要があります。

また、顎関節症の原因として「歯列接触癖(TCH)」という状態が挙げられます。
歯列接触癖とは、口を閉じているときに、無意識に上下の歯を軽く持続的に接触させる癖のことを言います。パソコン作業や料理などの手作業を行うときや、ストレスを感じている時に起こりやすくなります。
睡眠時のくいしばりや歯ぎしりのような強い力ではなく、日常生活の中において上下の歯が軽く触れているだけで、それが1日何時間にも及ぶことで顎関節や咀嚼筋(そしゃくきん)に大きな負担がかかり、顎関節症が起こりやすくなると考えられています。

当院ではこの症状に対しても日常生活での注意事項を指導すること(TCH指導)などでアプローチしていきます。

ドクター

「こめかみの痛み」に苦しまれている方は意外と多く、大半の方は内科、耳鼻科、口腔外科のお医者様か、鍼灸・整体を受診されているようです。そのような方に、歯科医院における「噛み合わせ診断」も1つの選択肢であることをお伝えいたします。

慈恵医大との連携

当院の担当医は大学病院レベルの診査診断、そして治療が可能です。
しかし、ケースによっては大学病院をご紹介することもあります。

その場合、当院では密な連携をとらせて頂いている「慈恵医大」をご紹介させて頂いております。多くの信頼できる専門家が在籍しておりますので、ご安心ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

042-378-8244

医院の住所

〒206-0802 東京都稲城市東長沼3111-1T’sgarden稲城1F

受付時間
10:00〜13:00
15:00〜20:00
    休診日 水曜・日曜
    ※土曜日診療時間:09:00~13:00 / 15:00~17:00
    ※第二日曜は矯正のみ:09:00~13:00 / 15:00~17:00